女子流!足の臭いの対処法とは!?【OL伝授】

のアイコン画像

・足がくさいときはどうしたらいいの?
・じめじめする季節を清潔な足で乗り切りたい。

こんな悩みを解消します。

臭いケアは梅雨〜夏をスッキリ迎えるためにかなり重要です。

足の臭いは大切な靴たちへの臭いうつりもまねき、オフィスでも気になってしまうからです。

本記事では靴好きで臭いがこもる事は許さないヤマネ(@yamanebass)が長年取り組んできた足の臭い対策をご紹介します。

本記事をお読みいただくと、梅雨〜夏のムレ易い足を清潔に保つコツが分かりさわやかな気持ちで過ごす事が出来るようになります。

記事の内容

  • 足の臭いの原因とは
  • 足の臭い対処法とは
目次

足の臭いの原因とは

足の裏

足の裏には汗をかく腺が密集しています。

そのため、とても汗をかき易く一日でコップ一杯分の汗をかくといわれています。

また、女性は特にタイツやストッキングを履くのでムレ易く雑菌が繁殖し、汗や皮脂、角質、爪垢などをエサにしてさらに増えます。

そして雑菌より「イソ吉草酸」という弱酸性の老廃物が出されます。

ヤマネのアイコン画像ヤマネ

イソ吉草酸は納豆みたいなにおいがする強敵です。
洗ってもなかなか落ちないから注意です。

真面目で完璧主義な人も足が臭いやすい!?

緊張やストレスで汗をたくさんかくことはありませんか。

それは足の裏も同じこと。

汗により角質が柔らかくなる&多湿なので雑菌にとっては好都合。

ストレスを感じる場面で臭いがある方は「精神性発汗」を起こしているかもしれません。

肝臓、胃腸機能の低下が臭いの原因に!?

肝臓がうまく機能していないと、たんぱく質を分解する過程で生じるアンモニアをうまく分解出来なくなります。

その結果残ったアンモニアが汗になり、ツンとしたアンモニア臭がしてしまいます。

肝臓の機能を低下させる過度なアルコール摂取は控えましょう。

また、胃腸は、摂取した食べ物を消化吸収する器官です。

胃腸の機能が低下すると、食事が消化しきれず腸の中で腐敗し硫黄のような臭いを発します。

それが身体をめぐって汗となって出てきて臭いのもととなってしまいます。

女子流足の臭いの対処法を7つご紹介!

臭い対策

対処法はこちらです。

  1. 重曹で足を洗う
  2. 足の角質パックを使う
  3. 靴を履いたら2日は休ませる
  4. 自分に合ったサイズの靴を履く
  5. 足にスティックタイプの制汗剤を塗る
  6. 中敷、靴下を臭いづらいものにする
  7. シューズスプレーを使用する
  8. 靴箱の中を清潔に保つ
  9. ストレスを溜めない生活をする

順にご説明します。

①重曹で足を洗う

納豆のような臭いの原因である「イソ吉草酸」は弱酸性なので、アルカリ性の重曹を使って中和してしまおう!という方法です。

方法は簡単。

  1. お風呂やシャワーで足を清潔にする
  2. お湯をはった洗面器に重曹を小さじ1杯程度入れる
  3. そのまま10〜15分待つ(MAX待っていいのは30分まで)
ヤマネのアイコン画像ヤマネ

重曹で足がサラサラになり、血流がよくなってぽかぽかしたという声が目立っていました!

また、足を洗う際は傷つけないように手で洗いましょう。

水分の残りは雑菌を繁殖させるので、きちんとタオルで完全に拭き取ることが大切です。

②足の角質パックを使う

足の角質を剥がすパックであり、こちらはかなりおすすめです。

ヤマネも何ヶ月かに一回は行っていますが、効果てきめんです。

1時間ほど靴下型のパックを履く→洗い流す

すると数日後に古い角質がどんどん剥がれてきて足の裏がつるんつるんになります。

パックをした直後からふんわり良い香りが足からするようになって、お風呂に入る際に皮がどんどんめくれるようになります。

※ベッドに皮がこぼれないように靴下を数日は履いて寝ることをおすすめします。

角質パックは安いものもあり、色々試しましたがこちらが最強です。

(数日前ヤマネも使用しました。ドラッグストアよりネットの方がやっぱり安いですね・・・)

使いたい時にないのはショックなのでヤマネはいくつかストックしています。

③靴を履いたら2日は休ませる

毎日同じ靴を履いていたら、ずっと靴を湿らせているようなもの。

一日に大量の汗をかくので、一回履いた靴は2日は休ませて乾かしましょう。

革靴好きな方は、革にとっても良くないので必ず守りましょうね!

ちなみにヤマネは布団乾燥機で靴も乾かしています。

雨の日帰った後ももちろん使用しますが、布団も乾かせて一石二鳥です♪

④自分に合ったサイズの靴を履く

合わないサイズの靴を履いていると、小さなストレスが蓄積して嫌な臭いの汗をかいてしまいます。

また、特に狭い靴を履いていると結構が悪くなり、角質がたまってしまいますので気をつけましょう。

正しいサイズの靴の選び方は「靴擦れを早く治したい!〜テレワークで久々出社のあなたへ〜」でご紹介しています。

また、革は水分を放出するので合皮の靴よりも本革の靴の方が臭わないと言われています。

⑤足にスティックタイプの制汗剤を塗る

足に直接ぬれるタイプの制汗剤は結構効きます。

靴下を履く前に、直接足の裏に塗ると割と一日さわやかに過ごすことが出来ます。

ヤマネも友人が使っているのを聞いて数年前使い出してからずっとリピートしています。

デオナチュレ社から色々なタイプが出ていますが、こちらのソフトストーンタイプが割と塗りやすく最強だと思います。

⑥中敷、靴下を臭いづらいものにする

消臭、殺菌効果のある中敷を入れることで臭いを防止しましょう。

中敷を入れることで靴をフィットさせ、履いている際のストレス軽減にもつながります。

また、靴下の繊維によって臭い易さは変わるもの。

化学繊維のものでなく、吸湿性に優れた天然素材(綿、麻、絹、ウールなど)でできた靴下を選びましょう。

ストッキング(化学繊維素材が多い)でも諦めることなかれ。

汗をかきやすい部分が綿になっているなど、工夫されている製品もあります。

⑦シューズスプレーを使用する

きちんと靴を乾かした後に残る靴の嫌な臭いにはスプレーを使用したいもの。

色々なスプレーを使用してきたヤマネが行き着いたスプレーはドクターショール社のものです。

372種類のカビや細菌に強力作用するみたいです。

他のスプレーだと足の臭いとスプレーの臭いが混じって逆に嫌な臭いになってしまったのですが、こちらは結構靴の臭いが消えます。

まだ良いスプレーに出会えていない方は是非お試しください♪

⑧靴箱の中を清潔に保つ

履いた靴を靴箱にすぐにしまうのは靴が乾くのを阻害してしまうのでやめましょう。

靴箱をじめっとした環境にとどめないことも重要です。

  • 脱いだ靴をすぐ靴箱にしまわない
  • たまに靴箱の換気をする

を守り靴箱でも雑菌が繁殖しない環境を保ちましょう。

また、靴箱の扉に貼れるカビ、臭い対策商品もあるのでご紹介します。

ヤマネも実際こちらを使用しています。靴箱の中が臭うことはありません♪

⑨ストレスを溜めない生活をする

ストレスは嫌な臭いを発するもとになりますので、日頃からストレスを溜めないようにしましょう。

ゆっくりお風呂に浸かって、十分な睡眠をとりましょう。

睡眠時は100均とかで売っている耳栓をすると睡眠の質があがりますよ。

まとめ:足の臭いを防いで快適な生活を

解放された人

足の臭いがすると自分も気になってしまい、集中出来なくなったりするもの。

じめじめする時期をさわやかな足で迎え、生活の質を上げましょう!

たくさん対処法を上げたので、実践しやすそうなものから行ってみてくださいね。

おわり★

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる