自動車保険のロードサービスとJAFとの違いって?

  • 自動車保険に入っているけどJAFにも入った方がいいの?
  • 自動車保険のロードサービスとJAFはどう違うの?

こんなお悩みを解決します。

自動車保険にロードサービスが付帯されていても、JAFに加入するメリットはたくさんあります

万が一の際の補償カバー範囲が広がるだけでなく、お得に食事などができる会員優待も充実しているからです。

本記事ではFPと募集人資格をもつヤマネ(@yamanebass)がJAFとロードサービスの違いや加入のメリット・デメリットをお伝えします。

本記事を読むと、

  • JAFに加入するメリット・デメリット
  • 自動車保険のロードサービスとJAFの違い

がわかります。

ヤマネのアイコン画像ヤマネ

自動車保険のロードサービスを何回か使って有料になってしまった!とならないようにチェックしましょうね。

\年中無休24時間体制でカーライフをサポート!/

目次

自動車保険のロードサービスとJAFとの違いって?

ロードサービス

自動車保険のロードサービスとJAFの違いは以下です。

  1. JAFは人にかけるが自動車保険は車にかける
  2. 無料で利用できる回数が違う
  3. 自然災害時でのロードサービス適用範囲が違う
  4. 会員特典の有無が違う

順にみていきましょう。

JAFは人にかけるが自動車保険は車にかける

JAFは自分以外の車(レンタカーや他人の車)のトラブルでも使えますが自動車保険のロードサービスは契約の車でのトラブルのみに使えます。

JAFで使用する際は自分が同乗しているだけでもロードサービスを使用できるので適用範囲は広いです。

また、JAFは車だけでなくバイクや原付でも使えるので安心できる場面がさらに増えます。

無料で利用できる回数が違う

無料で利用できる回数はJAFの方が断然多いです。

自動車保険のロードサービスでは設定されている回数を超えた際ロードサービスは有料になります。

ちなみにヤマネが契約中のチューリッヒは、ガス欠、バッテリー上がり、キーの閉じ込みは年に一回のみという回数制限があります。(R2.6.23現在)

自然災害時でのロードサービス適用範囲が違う

自然災害時のトラブル対応範囲も両者で異なり、JAFの方が範囲が広いです。

パンクの応急修理、雪道でのタイヤチェーンの脱着、大雨など冠水時にも対応可能です。

一部に対しては対応している自動車保険もありますが、いずれにしても対応できる範囲はJAFの方が広いです。

ヤマネのアイコン画像ヤマネ

昨年ニュースで結構流れた大雨での冠水時も安心ですね!

会員特典の有無が違う

JAFに加入すると全国約47,000ヵ所で割引など会員優待サービスを受けることができます。(R2.6.23現在)

一方、自動車保険は一部保険会社を除き優待がありません。

令和2年6月23日現在ですが、優待対象にはすき屋、なか卵、ガストなどよくいきそうなお店が多い印象でした。

ヤマネのアイコン画像ヤマネ

スマホアプリの会員証が使えるので紙のクーポンを忘れた時でも焦らなくて済ますね!

\年中無休24時間体制でカーライフをサポート!/

JAF加入のメリット・デメリットとは?

JAF

JAFに加入するメリットとデメリットについてご紹介します。

JAFに入るメリットとは?

実際のJAFに加入するメリットは以下です。

  1. 自分の持っている車以外にも使える
  2. ロードサービスが何度でも無料
  3. 自動車保険とのかけあわせでお得になる
  4. 会員優待が使える
  5. アプリ加入で何かあった際の連絡がスムーズ

順にみていきましょう。

自分の持っている車以外にも使える

ロードサービスよりも使える場面が多いのは魅力的です。

  • 友人の車に同乗しているとき
  • レンタカー運転中
  • 原付運転中
  • 社用車運転中

マイカー運転中以外でもさまざまな場面でも使えるのであり違いですね。

ロードサービスが何度でも無料

ガス欠、バッテリー上がりやキーの閉じ込みの補償が何度でも使えるJAFはやはり安心感があります。

マイカーを運転していてそんなに何回もあることではないかもしれませんが、友人の車に乗っているときに何かあった際もロードサービスを使えるのでスマートにJAFを呼んだら感謝されるかもしれません。

キーの閉じ込み
ガス欠

自動車保険とのかけあわせでお得になる

現在加入している自動車保険がJAFと提携をしているとさらにお得です。

より多くの補償を受けられるようになるからです。

例えば、燃料代1回無料→2回無料になる、部品代・消耗品代を4,000円まで保険会社が負担してくれるなどです。

補償範囲が広がる可能性があるので、自分の加入しているところがJAFと提携しているか確認しておきましょう。

会員優待が使える

会員優待やサービスのおかげで意外にもJAFの会員数は年々増えています

シニアドライバーズスクールなどの講習会もあり、ロードサービス以外のところに注目して加入している方も多いようですね。

ヤマネのアイコン画像ヤマネ

高齢者のかたで免許返納しようか悩む方は多いので、シニア講習会があると安心ですね。

アプリ加入で何かあった際の連絡がスムーズ

JAFのアプリは会員証としてでもなく、何かあった際の連絡手段としても役立ちます

アプリのGPS機能をオンにすると、場所を説明しなくても位置情報を把握でき、スムーズに対応できるからです。

また、チャットサービスなどがあるので対応後困った際に質問することができたり、現場の状況を写真で撮影して伝えることも可能です。

小ヤマネくんのアイコン画像小ヤマネくん

あせっちゃうだろうしこれは嬉しいね。

ヤマネのアイコン画像ヤマネ

ロードサービスカーの位置も確認できるので待つ間のドギマギ感が減りますね!

JAFに入るデメリットとは?

JAFに入ると年会費がかかります

個人会員でクレジットで一年分支払いをしたとして、5,500円です。

一日にしたら15円程度ではありますが、唯一のデメリットと言えます。

ヤマネのアイコン画像ヤマネ

優待を使える場面では使って回収していきましょう♪

まとめ:JAF加入はメリット多し!こちらから登録できます。

JAFは年会費がかかるというデメリットはありますが、自分、友人含め万が一の際に役立つ×優待でお得に暮らせるなどメリットが多いです。

緊急事態宣言も解け、走る車の量も増えてきましたので万が一の際に困らないように備えつつ優待ライフを楽しみましょう。

おわり★

\年中無休24時間体制でカーライフをサポート!/

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる