自動車保険で別居の未婚の子を運転対象にするには?

  • 別居の未婚の子が運転者の対象になっているか知りたい
  • 入っていない場合どうすればいいの?

そんなお悩み解決します。

自動車保険でいう別居の未婚の子の定義は一般認識とは異なることがあります

知らずに運転していたら補償範囲外で多額の責任をおってしまったということにならないようにしっかり確認しておきましょう。

本記事は現役募集人資格を持つヤマネ(@yamanebass)が別居の未婚の子の範囲と別居の未婚の子を補償対象にする方法をお伝えします。

保険料を無駄にしないために自分に必要な対策について学びましょう。

本記事では

  • 別居の未婚の子が現在の補償で運転対象になっているか
  • なっていない場合の対応方法

がわかります。それではみていきましょう。

目次

別居の未婚の子とは?

別居の未婚の子とは

まず、自動車保険でいう別居の未婚の子の定義をご紹介します。

意外なことも多いと思うので、しっかり把握しておきましょう。

別居とは?

自動車保険でいう別居とは、住民票記載の地は問われません

実態としての同居、別居が問われるからです。

住民票が実家で登録されているけれど、別の地でひとり暮らしなどをしていたら「別居」になります。

小ヤマネくんのアイコン画像小ヤマネくん

二世帯住宅はどうなるの?

ヤマネのアイコン画像ヤマネ

二世帯住宅は保険会社によって別居、同居とみなすか定義が異なるので確認しておいた方がいいところね!

未婚の子とは?

自動車保険でいう未婚の子とは、一度も婚姻歴がない子のことをいいます

離婚した子どもは自動車保険上「未婚の子」ではなくなるので間違えないように注意しましょう。

ヤマネのアイコン画像ヤマネ

まとめると、実態として別居していて一度も婚姻歴がない子が「別居の未婚の子」になります

自動車保険で別居の未婚の子を運転対象にするには?

実際に自動車保険の運転対象とするには以下の方法があります。

  1. 運転者限定を外す
  2. 1日自動車保険に加入する
  3. 子の加入している自動車保険に他車運転特約をつける
  4. ドライバー保険に加入する

順にみていきましょう。

運転者限定を外す

別居の未婚の子が運転できるようにするには、運転者限定を外す必要があります

以下限定範囲の説明です。(※本人・・・保険契約上の主な運転者とします)

限定範囲本人限定夫婦限定家族限定限定なし
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 安心する-1.jpg画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: drive_date_couple_man.png画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: group_family_asia-1024x835.png画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: network_people_connection.png
運転できる人本人のみ本人と配偶者のみ同居の親族+別居の未婚の子免許を持つ方なら誰でもOK
運転者限定範囲
ヤマネのアイコン画像ヤマネ

右にいくほど運転できる方が増えるので保険料は高くなります。

つまり、別居の未婚の子を対象としたい場合・・・運転者限定を「家族限定」or「限定なし」にする

別居の既婚の子を運転対象としたい場合・・・運転者限定を「限定なし」にする必要があります。

補足

いずれの限定範囲であっても、年齢条件については同居の親族のみが設定対象になります。

例えば、「限定なし」で別居の20歳の子がたまに帰ってきて運転する場合について。

主な運転者と同居の、契約している車を運転する人が35歳以上であれば35歳以上補償でOKです。

1日自動車保険に加入する

運転者限定を変更するよりも1日自動車保険に都度加入した方が保険料がトータルで安くなる可能性があります

年に数回しか別居の子が乗らない場合です。

コンビニの各端末や大手損害保険会社(東京海上日動、三井住友海上など)のサイトより申し込みができます。

保険会社やプランによって、保険料は1日あたり500円〜2,500円くらいです。

ヤマネのアイコン画像ヤマネ

レンタカーには1日自動車保険は使えないので注意してくださいね!

子の加入している自動車保険に他車運転特約をつける

子が別で自動車保険に加入していることが条件ですが、子が自動車保険に「他車運転特約」をつけていれば別居の親の車を運転できます

他車運転特約は自動付帯になっている会社も多いですが、ついているか保険会社に確認しましょう。

・親と子が同居の場合
・子が他車運転特約をきかせたい車を常時運転している場合 他車運転特約はきかないので注意しましょう。

ドライバー保険に加入する

自分で車を持っていないけど親や他人の車をよく運転する方はドライバー保険に加入するという方法もあります

ドライバー保険は、原則期間が一年の保険で、ぶつけてしまった相手、物への賠償、そして同乗者の補償をつけらます

保険料は会社にもよりますが、年間2〜5万円くらいです。

友人の車を運転していて友人の車をこすってしまった!などといった場合は自分のドライバー保険で修理できませんので注意が必要です。

まとめ:別居の未婚の子を対象にする方法はいくつかあり。最適な方法を選ぼう!

別居の未婚の子を対象にする方法

別居の未婚の子を対象範囲としたい場合、お伝えしたように4つの方法があります。

使用状況に応じて保険料を無駄にしない加入をしましょう。

保険料を安くする方法としては以下の記事もおすすめです。

実際に自身も毎年この方法で保険料を抑えているのでぜひチェックしてみてくださいね。

関連記事>>車の保険料が高い!?そんな悩みには、こうだっ!【見積もり体験談】

おわり★

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる