【体験談】Writing Hacks(ライティングハックス)とは?使い方と添削についても

  • Writing Hacks(ライティングハックス)が気になるけど実際どうなの?
  • 金額に見合う内容なの?
  • 成果は出るの?

と、悩んでいませんか。

実は、Writing Hacksは費用は税込69,800円とよいお値段ですが、きちんと学んで実践すれば初期費用は十分に回収できるほどの内容が詰め込まれています。

なぜならわたしは講義をもとにWebライターに取り組んだ結果、3ヶ月で費用を回収できてその後は黒字に転じているからです。

この記事では以下のようなことを紹介します。

この記事でわかること
  • Writing Hacksとは何か
  • 使い方
  • おすすめする人
  • メリット・デメリット

この記事を読むと、Writing Hacksの内容と、どのように役立つかがわかります。

わたし自身、Writing Hacksきっかけでライティングを学んでからもっと書くことが楽しくなったり、収入源が増えたりとよいことが続いています。

やまね

受講してから一年後には電子書籍も出版できました!

ぜひ最後までお読みいただき、ライティング力の恩恵を受けるために一歩踏み出してみてください。

\ライティング力はあなどれん/

目次

Writing Hacks(ライティングハックス)はWebライターの学習教材

Writing Hacks(ライティングハックス)とは

ここからは、Writing Hacksの概要を紹介します。

Writing Hacks(ライティングハックス)とは

Writing Hacksとは株式会社スキルハックスが提供する、高単価で仕事が取れるライターを目指す講座です。

リリースは2020年9月リリースとまだ日が浅いにもかかわらず、受講生は1,000人近くにものぼります。

録画された講義動画を視聴し、学ぶスタイルであるため、隙間時間に学習可能です。

Writing Hacks(ライティングハックス)の料金

Writing Hacks買い切りで定価69,800円(税込)です。

追加料金なしで無制限サポート、無期限で動画視聴できるため本業で忙しいあなたも安心です。

やまね

購入してからワカジツさんの講義が追加されたのですが、追加料金なしでみられるのはとてもありがたいです……!

Writing Hacks(ライティングハックス)の講義内容

気になる講義内容は以下のとおり。

LINE@による無制限の質問サポート

第0章 はじめに(動画2本)

第1章 クライアントから求められるライターとは?(動画5本)

第2章 記事タイトルの付け方(動画5本)

第3章 リード文の書き方(動画6本)

第4章 見出しの書き方(動画5本)

第5章 Webで文章を書くときに意識すること(動画10本)

第6章 SEO基礎講座(動画7本)

第7章 SEO実践講座(動画1本)

第8章 仕事の取り方単価交渉の仕方(動画12本)

第9章 リライト案件の受け方(動画4本)

第10章 取材記事の執筆方法(動画6本)

第11章 執筆を最速&高品質でこなす方法(動画9本)

第12章 仕事の取れる「ソフトスキル」の高め方(動画9本)

引用:ライティング講座 Writing Hacks | オンラインWebライター育成スクール

動画本数も多く、第1章〜第7章は沖ケイタさん、第8章〜第11章は原千明さん、第8章9〜12動画、第12章はワカジツさんが講師を担当されています。

一本あたりの動画は5〜10分程度なので、無理せずスキマ時間に学習を進められます

やまね

わたしは以下のような時間に視聴しています!

  • 通勤の電車
  • 寝る前
  • 記事を書く前
あざらしくん

一本が短めに区切られているから、ちょっとした時間にもみられるのはうれしいね!

Writing Hacks(ライティングハックス)の講師について

Writing Hacks(ライティングハックス)は二人の素敵な講師の方による丁寧な動画講義が魅力です。

ここではそんな素敵な講師を紹介します。

【Writing Hacks(ライティングハックス)の講師】沖 ケイタさん

沖ケイタさん

沖ケイタさん(@namakemono0309)は株式会社沖プロ代表で、ライター育成のプロフェッショナル。

ブログで平均月収100万円以上を3年間継続している豪腕ブロガーで、講義も高品質。

沖ケイタさんが運営されている「ブロバー」は、数多くの有名ブロガーが訪れる場所です。

やまね

沖ケイタさん運営ブログ「ハイパーメモメモ」によると、座右の銘が「頑張らないために頑張る」とあり親近感を感じます!

【Writing Hacks(ライティングハックス)の講師】原 千明さん

原千明さん(@qianming_hptw)は沖ケイタさんにライティングの指導を受け、独立後月収100万円を突破した凄腕のライターです。

クラウドソーシングサイトで受発注経験が多くあり、動画講義も実践に近く、とてもわかりやすい内容。

「これ、ここでしか教えたくないのですが〜」の言葉から始まる発言に「なるほど〜」と思わず前のめりになってしまいます。

やまね

海外のノマド生活をブログで発信されており、見ていて楽しいです♪( 原千明さん運営ブログ「海外ゆるデュアルライフ」)

【Writing Hacks(ライティングハックス)の講師】ワカジツさん

ワカジツさん(@wakajitsukohei)は原 千明さんがライター2ヶ月目に受けた案件でディレクターをしていたライター兼ディレクターさん。

  • 自分の等身大パネルを作成して実家に送る
  • ・・・と見せかけて自分で運ぶ
  • カイロを温泉卵で作ろうとする

と面白い体験とそのライティング力で読者を楽しませてくれる素敵な方です。

やまね

1回目と3回目の記事添削をしてくださいました!
細かいところまでみていただけて確実に力になっています!


また、出来ているところはしっかり褒めてくださり、言葉の受け取り手のことを気遣ってくださるワカジツさんのソフト面のスキルの高さ。

ライターたるもの、こうあるべき!と思わせてくださる講義内容です。

やまね

ワカジツさんのブログ「ワカジツな日々 | 変なブロガーの日常」はユーモラスで面白いです!

Writing Hacks(ライティングハックス)と他の講座との比較

「Writing Hacks(ライティングハックス)は決して安くないけど他の講座と比べてどうなの?」と考える方もいるはず。

Writing Hacks(ライティングハックス)と他のライティング講座との比較は、以下のとおりです。

講座名講座数期間価格(税込)
あなたのライターキャリア講座10講座2〜3か月49,800円〜299,800円(複数あり)
School×Work(スクールワーク)6講座8~10か月165,000円
Writing Hacks(ライティングハックス)11講座無制限69,800円
宣伝会議「編集・ライター養成講座」(毎週土曜)40講座6か月176,000‬円

期間が設定されている講座が多い一方、Writing Hacks(ライティングハックス)は期限がないため、忘れた箇所は時間がたってからも確認できます。

動画講義であるため、自分のペースで学習を進められるところもありがたいところです。

Writing Hacks(ライティングハックス)の使い方

Writing Hacks(ライティングハックス)の使い方は以下のとおりです。

  • 動画講義を受ける
  • 課題を提出する(計3回)
  • LINE@で質問する
  • 卒業生限定グループにて仕事を請ける
  • 沖プロへの招待を受ける

ひとつずつ見ていきましょう。

使い方1.動画講義を受ける

Writing Hacksは77本の動画を無期限・無制限で見られます。

動画下のボタン

画像のように、動画の下に「レッスン完了ボタン」や「次のページへ」ボタンもあるので、
一目で続きがわかります。

「学習状況をつぶやく!」ボタンですぐTwitter連携できるのもモチベーションを保つのに役立てられますね。

使い方2.課題を提出する(計3回)

第5章、第7章、第11章の学習を終えたところで記事添削を受けられるのも魅力のひとつです。

提出の方法も動画下のリンクからGoogleドキュメントを開き、丁寧に記載があるのでスムーズに行えます。

学習の区切りで現れる記事添削案内

とても丁寧に的確なアドバイスをもらえるようで楽しみですね。

使い方3.LINE@で質問する

LINE@で無制限に質問できるのも大きなメリットです。

Writing Hacks(ライティングハックス)公式サイトでは質問の回答に最長2日かかると記載もありますが、
基本即レスですぐに疑問点を解決し執筆に集中できます。


使い方4.卒業生限定グループにて仕事を請ける

Writing Hacks(ライティングハックス)の受講を修了すると、卒業生限定グループにて仕事の共有を受けられます。

ライターは孤独な時間が多いのでこういったグループがあるとやる気も出せますよね。

使い方5.沖プロへの招待を受ける

より優秀な卒業生は沖プロに招待され、案件を優先的に受けられます。

沖プロではWebライター研修も行われるのがありがたいところ。
さらに力をつけてより高品質な記事納入→単価アップに繋げられます。

Writing Hacks(ライティングハックス)の利用がおすすめな人とそうでない人

ここからはWriting Hacks(Writing Hacks)の利用がおすすめな人とそうでない人を紹介します。

Writing Hacks(ライティングハックス)をおすすめする人

Writing Hacks(ライティングハックス)をおすすめする人は以下のとおりです。

  • 初心者からライターを目指す人
  • 駆け出しライターでいったん立ち止まり知識を吸収したい人
  • 会社でわかりやすい文章をかけるようになりたい方
  • 学んだことをきちんと振り返り、実践できる人
  • 指摘を受けた箇所について改善を繰り返せる人

コツコツ動画を見ながらきちんと実践し続けられる方におすすめです。

ライターの仕事を始めるつもり出ない方も、会社などで文章を書く際に使える知識があります。

やまね

初心者〜中級ブロガーも記事を書くのに迷いがなくなる内容になっています!

Writing Hacks(ライティングハックス)をおすすめしない人

Writing Hacks(ライティングハックス)をおすすめしない人は以下のとおりです。

  • クラウドソーシング歴が長く、受発注経験がたくさんある「超」ベテランの方
  • 学習時間を確保するのが難しい方
  • 知識をアウトプットする予定のない方
  • 対面で指導を受けたい方
  • 紙媒体のライティングを学習したい方

クラウドソーソングの受注など、原千明さんが経験を余すことなく紹介してくれています。

すでにクラウドソーシングの超ベテランで自分の型みたいなものがある方はもしかしたら「知っているよ」という内容があるかもしれません。

講義は動画形式で進んでいくため一対一でないと進めるのが難しい方にもおすすめはできません

やまね

動画を見たら十分動き出せますので対面にこだわらない人におすすめです!

Writing Hacks(ライティングハックス)を受講するメリット

Writing Hacks(ライティングハックス)のメリット・デメリット・評判

実際にWriting Hacks(ライティングハックス)を受講するメリットを紹介します。

Writing Hacks(ライティングハックス)を受講するメリットは以下のとおりです。

  • Webライターとしての基礎知識・マル秘テクニックがわかる
  • 自分のブログや仕事に活かせる
  • 仕事を受注するまでの行動に迷わない
  • 卒業後も仕事の共有を受けられる
  • 将来的にWriting Hacks(ライティングハックス)受講が権威性になる可能性がある

順にみていきましょう。

Webライターとしての基礎知識・マル秘テクニックがわかる

動画77本があり、ライターの現状や各種必要な知識を学習できます

特に「ここ大切!」という知識をお話しされるときは「本当は話したくないのですが〜」など強調の言葉が入るので、
聞き逃しがなくわかりやすくなっています。

自分のブログや仕事に活かせる

学んだ知識は会社のメールやパワーポイント、チラシ作成やブログ執筆に活かせられます。
ライティングはどこに出ても使える知識であるからです。

実際に動画を見て、手探りで記事を執筆していた私にも一本の道筋が見えた感覚があります。

やまね

今までは知識がないので枝葉の中を迷いながらくぐり抜ける感覚で書いていました。

仕事を受注するまでの行動に迷わない

基礎知識〜実践〜上級編まで講義内容が網羅されているので、案件取得までに迷いません

初心者でなかなか行動にうつせなくてもすごく背中を押してもらえる感じがします。

卒業後も仕事の共有を受けられる

動画講義だけでもとても価値があるのですが、それに加えて卒業後に仕事の共有を受けられます

私も仕事の共有が気になり、Writing Hacks(ライティングハックス)に興味を持ちました。

やまね

仕事共有のベネフィットは大きいですよね。

将来的にWriting Hacks(ライティングハックス)受講が権威性になる可能性がある

今よりさらにWriting Hacks(ライティングハックス)の受講者が増えると、権威性になる可能性があります。

クラウドソーシングサイトの自己紹介でWriting Hacks(ライティングハックス)受講済という権威性が使うことでお仕事が取りやすくなる。

最短でライティング知識を学べる講義内容なので、そんな日も遠くないと考えます。

Writing Hacks(ライティングハックス)を受講するデメリット

Writing Hacks(ライティングハックス)を受講するデメリットは以下のとおりです。

  • それなりに費用がかかる
  • 受けっぱなしだと何も生まれない
  • 集中しすぎて肩がこる
あざらしくん

最後なんやねん。

順にみていきましょう。

それなりに費用がかかる

Writing Hacks(ライティングハックス)はお値段がかかります。
69,800円。この数字を見てどのように思われますか。

「高い・・・」と思ったあなた、私と同じです。

ただ、その感想を持った私も、今Writing Hacks(ライティングハックス)を受講しています。

徹底的に口コミを調べて、自分にプラスになると思ったからであり、受講した今もそう感じています。

受けっぱなしだと何も生まれない

Writing Hacks(ライティングハックス)は受けっぱなしだと何も生まれません
動画講義形式ですので、講師があなたの行動まで把握しているわけではないからです。

受けっぱなしで自分のブログやライターとしての活動、会社で活かせない人はお金がもったいないので受けるのをやめておきましょう。

集中しすぎて肩がこる

Writing Hacks(ライティングハックス)を受講すると肩がこるので注意しましょう。
有益すぎてついつい時間を忘れて集中してしまうからです。

やまね

これを機にPCスタンドと無線キーボードを使い始めました!
肩こりが緩和されるのでおすすめです!

あざらしくん

講義が面白いからって長時間見続けないで休憩してね。

\ライティング力はあなどれん/

Writing Hacks(ライティングハックス)・記事添削の体験談

Writing Hacks(ライティングハックス)・記事添削の体験談

「Writing Hacks(ライティングハックス)の受講を迷うけど実際記事添削はどうなの?」そう思って受講を迷ってしまう方もいるでしょう。

ここでは実際に記事添削を受けた私が以下のことを紹介します。

  1. Writing Hacks(ライティングハックス)・記事添削の概要と流れ
  2. 指摘事項
  3. 私の率直な感想

それではみていきましょう。

Writing Hacks(ライティングハックス)・記事添削の概要と流れ

Writing Hacks(ライティングハックス)記事添削の概要と流れを紹介します。

添削の流れ

第11章まである動画の第5章が終わった時点で第1回目の記事添削をお願いできます。

Googleドキュメントで記事作成→共有リンクURLを講師のLINE@へ送信→添削結果のURLがLINE@で送られてくる

という流れです。

受講者は、あらかじめ決められた以下のフォーマット通りに添削依頼をします。

【執筆記事URL(あれば)】
【SEO向けKW(あれば)】
【記事タイトル】
【特に気になる点(あれば)】
【執筆記事本文】

WritingHacks添削依頼のフォーマット
やまね

気になる点に装飾のことも入れたら、見た目も含めてフィードバックしてもらえました!

期間

私が実際に記事添削をお願いした日・添削が完了のお知らせが届いたのは以下のとおりです。

【添削依頼】令和2年11月25日(水)
【添削完了】令和2年12月13日(日)

やまね

18日で返ってきました!

添削を待つ期間は第6章以降の講義動画を見進めていくといいでしょう。

総コメント数

いただいたのは36コメント。

実際の文章にわかりやすいコメントをくださっているので、

  • どこを改善したらいいか
  • 自分が指摘を受けやすいところはどこか

がわかりやすいです。

文章の総評ももらえるので、自分が次に取り組むべきこと・重点的に学ぶことがわかるのでありがたいですね。

やまね

「行動に迷う」初心者あるあるをショートカットできます!

Writing Hacks(ライティングハックス)・記事添削の指摘事項

実際に記事添削でコメントをいただいた内容は以下のとおりです。

  1. タイトルをどう変えれば引きが強くなるか
  2. 不要な記号の指摘
  3. 装飾の見やすさについて
  4. 読者が読み進めやすくなる記載方法
  5. 充実させた方がいい箇所
  6. 数字を振るべき箇所
  7. 読み進めやすい接続詞の入れ方
  8. 見出しの使い方(h3→h2へすべきところ)
  9. PREP法使用箇所でより説得力を増すための記述
  10. 漢字表記を避ける言葉
  11. 句読点の打ち方
  12. 改行の仕方
  13. 文の長さ
  14. 重複表現
  15. 専門的すぎる言葉が使われている箇所
  16. わかりづらい表現について
  17. 記載内容の信ぴょう性について
  18. 読者が置いてけぼりになる箇所について
  19. リンクの貼り方

ざっと見ておわかりいただいたようにいろんな角度から記事の添削を頂けます。

  • 読み進めやすい文章の書き方
  • そもそもの記事の構成

上記のように2つの側面から添削をいただけたのはとてもありがたいですね。

やまね

構成はなかなか自分のくせなどに気づく機会がないのでフィードバックいただけてよかったです!

Writing Hacks(ライティングハックス)・記事添削の率直な感想

Writing Hacks(ライティングハックス)で返ってきた記事添削を受けた率直な感想は以下のとおりです。

  1. 細かく見てくれていて嬉しい
  2. いいところもコメントがあり、できている部分がわかる
  3. 構成の認識が変わったのでブロガーにも役立つと感じた
  4. 全体を通して次回意識する点がわかる
  5. 大事なところにしっかり長めの文章でコメントをくれる

順に見ていきましょう。

【記事添削の率直な感想1】細かく見てくれていて嬉しい

提出した記事についてとても細かくみてくれます。
本気でライティングを学びたいと思って購入しているので嬉しいですよね。

「細かいですが〜・・・」とコメントいただけて、ちょっとしたことも直せます。

例えば私はタイトルに半角スペースが空いてしまっていたところがあり、指摘をいただきました。

自分では気がつかなかったので、指摘いただいたことで次回注意して見ないといけないと思えます。
後々読者やクライアントのためにもなるので嬉しいですね。

【記事添削の率直な感想2】いいところもコメントがあり、できている部分がわかる

意識して書いたつもりの文章だけどきちんとできているか気になってしまうもの。

Writing Hacks(ライティングハックス)の記事添削ではよいところもしっかりコメントいただけます。

講師の方「URL見ました。非常によくまとまっています」など。

私は装飾がきちんと見やすくなっているか不安でしたが、できていることを教えてもらえたのでその部分について無駄に悩むことがなくなりました。

あざらしくん

できているところがわかればその他のところに時間を回せるもんね。

やまね

装飾の仕方を時間かけて学ぼうとしていたので軌道修正できてよかったです。

【記事添削の率直な感想3】構成の認識が変わったのでブロガーにも役立つと感じた

「インフルエンサーがこう言ってたから見出しはこうしよう。」そんなことを考えて取り組んでいませんか。

やまね

私です(笑)

構成についても長文でコメントをいただいたのですが、今まで『正しい』と思っていたことがガラっと変わった瞬間でした。

詳しくは書けませんが、「ライティングって奥が深い。」「ライターさんそこまで考えて記事作成しているんだ!」とライティングの面白さを再認識したきっかけにもなりました。

【記事添削の率直な感想4】全体を通して次回意識する点がわかる

「自分が今何を学ぶべきかわからない。」そう思ってライティングに関する学習を挫折してしまう方もいるでしょう。

Writing Hacks(ライティングハックス)の記事添削では全体を通して総評があるので、プロの目から『今自分が取り組むべきこと』を教われます。

私も実際構成に関して総評でコメントをいただいたので、

  • 講義動画の構成部分を繰り返し学習する
  • クラウドソーシンングで構成の仕事を獲得する

などで鍛えています。

こんな感じで不足スキルの案件を獲得して鍛えています。

【記事添削の率直な感想5】大事なところにしっかり長めの文章でコメントをくれる

コメントいただいたところに関してどう直せばいいのか、わかりやすいのがWriting Hacks(ライティングハックス)記事添削の良いところ。

大事なところにはしっかり長文でコメントをくれるからです。

先ほど書きましたが、私も構成のところに関して長文でコメントをいただきました。

コメントもPREP法でいただけているところがあり、読む側として改めてわかりやすい記載方法だと認識しました。

やまね

「例えば〜のように書くといいです。」と具体例もくれるのでどんな直し方をしたらいいかわかりやすかったです!

Writing Hacks(ライティングハックス)のよくある質問

Writing Hacks(ライティングハックス)のよくある質問

Writing Hacks(ライティングハックス)のよくある質問についてまとめます。

Writing Hacks(ライティングハックス)を受講すると稼げるようになるの?

結論:受講しただけでは稼げるようにはなりません。
きちんと動画で言われたことを意識して行動できる人なら稼げるようになるといえます

学習して、実践まですることが成長を加速する要因になります。

Writing Hacks(ライティングハックス)は返金対応してもらえる?

返金対応はしておりません。
買い切り価格なので、しっかり自分が購入する目的を明確にして購入しましょう。

目的を明確にした上で、Writing Hacks(ライティングハックス)を購入したいと考えるあなたは購入するべきです。

あざらしくん

安いものじゃないからね〜。

Writing Hacks(ライティングハックス)はどのくらい有益なの?

教材でなくても本で学べると考える方も多いかと思います。
私もその一人でした。

しかし、公式サイトで見たサンプルが他の本で読んだものと少し異なっており、新しい知識が学べると思ったので購入しました。

やまね

サンプル動画のところに載っていますので試しに見てみてください♪

あざらしくん

買わない方も見ておいて損はないね〜!

Writing Hacks(ライティングハックス)の申し込み方法【簡単】

Writing Hacks(ライティングハックス)の申し込み方法

ここでは実際にWriting Hacks(ライティングハックス)を申し込む手順を紹介します。

Writing Hacks(ライティングハックス)の申し込み手順

Writing Hacks(ライティングハックス)の申し込み手順は以下のとおりです。

STEP
Writing Hacks(ライティングハックス)お申し込み画面にアクセスー「講座のお申し込みはこちら」をクリック
STEP
お申し込みフォームにお支払い方法・名前・GmailもしくはYahooのメールアドレスを入力、チェックするー「確認」をクリック
やまね

テレコム・PayPalはクレカ支払いの代行なので、どちらでもOKです!

STEP
表示された内容を確認し、「申し込む」をクリック
STEP
クレカ情報入力画面でカード情報を入力ー「購入」をクリック
STEP
申し込み完了を確認
やまね

お疲れ様でした!
早速メールが届いているかチェックしましょう♪

STEP
登録したメールアドレスに届いている「お支払い完了のお知らせ」を開く
STEP
メール中にあるURLにアクセスーメールアドレス、アドレス中に記載のあるパスワードを入力し、「ログイン」をクリック

※ログイン状態を保持しておくと次回入力の手間がかかりません。

やまね

お疲れさまでした!
ここまで来たら早速動画を視聴できます♪

結論:Writing Hacks(ライティングハックス)は今が一番安いです【始めよう】

今まで記載したことをまとめると以下のとおりです。

  • Writing Hacks(ライティングハックス)はライティング力アップの技が満載
  • 他講座と比べても安い
  • 卒業後も無期限視聴ができ、案件も獲得できる

現在は定価69,800円で利用ができますが、無制限質問回答などの内容を考えても、
今後また値上げされる可能性は十分に考えられます。

実際、同じ会社からリリースされているSkillHacks(スキルハックス)という講座は5回値上げされています。

19,800円→29,800円→39,800円→49,800円→59,800円
そして現在は69,800円です。

今が間違いなく一番安いので、Writing Hacks(ライティングハックス)が気になって調べているあなたは損しないように
今からはじめてみてくださいね。

最後までお読みいただいてありがとうございました。

\ライティング力はあなどれん/

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

電子書籍発売中!

そもそも自分に自信がない。何か始めたいけれど何がよいのか。
そんなことを考える自分にふと浮かんだ「文章を書く仕事」。

Webライターってどんな仕事?
どんなよいことがあるの?取り組むうえでの疑問点を解決する一冊に仕上げました。

お読みいただき、ぜひ特典もGETしてみてください。

この記事を書いた人

30代既婚OL&副業ライター🖌 |ライター1ヶ月目で某大手メディアの継続案件ゲット両手を上げる|時給280円→時給7〜10倍へ|物事を深く考えるのが強みでもあり弱み|休職をキッカケに人生を考え始めた繊細ウーマン|FP2級|副業や日常での日々の気づきを発信ネコ桜肩凝りから脱した秋|

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる