【実体験】VZ249HEG1R-JをVZ239HRと比べながらレビュー【はかどるぞ】

「ASUS社のVZ249HEG1R-Jが気になるけど実際どうなの?」
「実際に購入した人のレビューが知りたい。」
「VZ239HRとも迷っているけどどちらがいいか知りたい。」

外部モニターを購入したいけど実際どんなものが良いのか迷う方は多いのではないでしょうか。

本記事では、ASUS社の外部モニター『VZ239HR』と『VZ249HEG1R-J』両方試した私が、両製品比較と、『VZ249HEG1R-J』がおすすめな理由をご紹介します。

外部モニターは一度購入したら長く使うもの。
本記事を参考に、あなたもはかどる作業環境をゲットしましょう。

目次

VZ249HEG1R-JはVZ239HRよりも買いと判断【実体験】

VZ249HEG1R-Jの魅力

Webライターであれば購入して作業効率をあげたい外部モニター。VZ249HEG1R-Jが気になって本記事にたどり着いた方はきっと本当のところが知りたいはず。

実際VZ249HEG1R-Jにはどんな魅力があるか知りたい方は多いのではないでしょうか。

今回は、VZ249HEG1R-JとVZ239HR両方使用した私が感じたVZ249HEG1R-Jの良い点についてお伝えします。

VZ249HEG1R-Jはどんなメリットをもたらしてくれるのでしょうか。

1.横幅が広く仕事がはかどる

Webライターなどを行なっていて横幅が狭い画面を使用していると、都度横にスクロールしなければならないもの。

VZ249HEG1R-Jを使うと、横幅が広く使えるため横スクロールする手間が省け、目視できる領域が広がる分作業がはかどります。

ここに関しては実際に見ていただいた方が分かりやすいと思いますので、以下の画像をご覧ください。

mac13インチでみるGoogleスプレッドシートの画面

A〜Lのシートを表示できるのが分かります。

一方VZ249HEG1R-Jで表示される画面は以下のとおりです。

VZ249HEG1R-Jで見たGoogleスプレッドシートの画面

M〜Rの6シートが新しく見られるようになり、見られるシートが増える分作業がはかどるといえます。

2.コンセント部分がスッキリしてストレスフリー

コンセント部分がスッキリしてストレスフリー

あまり差し込み部分が大きいと他のケーブルに差し込むものと幅の取り合いをして、不便さを感じるコンセント。

VZ249HEG1R-Jではコンセント自体がスマートで、

  • 他のコンセントと場所の取り合いをしない
  • 電源タップのスイッチオンオフボタンを隠さない

といったメリットがあります。

「差し込み口が大きいために電源タップの使用できる数が減った。」などデメリットがないため、普段使う暖房家電製品たちと電源タップ上で仲良く共存してくれてます。

VZ239HRはコンセントの存在感があり、スイッチオンオフボタンに被ってしまうため、若干のストレスも感じていました。

一方で、VZ249HEG1R-Jはボタンに被らないためストレスは解消されています。

3.使用できるようにするまでの時間が短い

モニターを購入しても、自分のPCと繋ぐためにケーブルなど別途購入しなければならないと初動に時間がかかることも。

VZ249HEG1R-Jはモニターの付属品としてHDMIケーブルが付属しているため、初動にかかる時間が最小限に抑えられます。

一方VZ239HRではHDMIケーブルが付属しておらず別途購入する必要がありましたので、

  • モニター購入
  • HDMIケーブル

の二つが揃ったときが外部モニターとして使用できる最短となり、初動としてはVZ249HEG1R-Jが圧勝するでしょう。

4.直感操作できるボタンがはかどる

直感操作できるボタン

VZ239HRではカラーやコントラスト等の調整のボタンがモニター下についていましたが、VZ249HEG1R-Jでは画面の後ろについています。

こちらのボタンを上下左右に動かすことで、メニュー画面からの設定が可能です。

その操作性、たるや任天堂64の真ん中の3Dスティックのよう。

任天堂64 イメージ
小やまね

懐かしいね!

VZ249HEG1R-Jボタンによる設定

VZ239HRでは画面下に複数ついているボタンを押して操作していましたが、VZ249HEG1R-Jでは一つのボタンを十字に動かすことで操作ができるので直感的な操作ができ、設定にかかる時間が縮小されます。

VZ249HEG1R-J購入のきっかけ

VZ249HEG1R-J購入のきっかけ

最近まで使用していたASUS社のVZ239HRを、ゲーム用に別空間へ移動したのがきっかけです。

VZ239HRは何の不自由も不満もなくしていましたが、2台目が必要になり、

  • どうせならもう少し大きい画面も試したみたい
  • ASUS社のデザインや使いやすさが気に入っていた
  • いずれモニターアームをつけたくなったときも対応できるモデルにしたい

という点で迷いなくASUS社から選ぶことになり、amazonセールでVZ249HEG1R-Jが安くなっていたこともあり、購入に至りました。

VZ249HEG1R-Jのデメリットは台座部分とスピーカーにあり

VZ249HEG1R-Jのデメリットをあげるとしたら以下の二つです。

  • 台座部分にホコリがたまりそう
  • スピーカーが内臓されていない

順にみていきましょう。

1.台座部分にホコリがたまりそう

台座のところがゲーム向きでかっこいい反面、主婦の勘ですが、くぼみの部分にホコリがたまるでしょう。

個人的には台座のガンダムのようなかっこよさは必須ではないので、VZ239HRのようなシンプルな形状であればホコリもたまりづらそうでいいかなと思います。

とはいえ、四角の台座と比べたらそんなにホコリが目立たないと思うのでASUS社には拍手を送ります(by主婦)

2.スピーカーが内臓されていない

VZ249HEG1R-Jではモニターにスピーカーが内臓されていないため、外部モニターにもスピーカーを求める人にはおすすめできません。

mac本体と繋いだときに、

  • 外部モニターでYouTubeを開いても音はmacから流れる
  • そもそも音が流れる作業をしない(Webライター等)

という点で自分にとっては全くデメリットに感じていない部分ではあります。

しかし、「音がどうしても外部モニターから流れないと嫌だ!」という人には適さないため、注意が必要でしょう。

VZ249HEG1R-Jのスペック

VZ249HEG1R-Jのスペック

VZ249HEG1R-Jのことはなんとなく分かったけど実際どんなスペックか気になるもの。

ここからは、VZ249HEG1R-Jのスペックについて具体的にご紹介します。

自分に合っている商品なのか見極めましょう。

1.付属品

VZ249HEG1R-Jの付属品

VZ249HEG1R-Jの付属品は以下のとおりです。

  1. HDMIケーブル
  2. ACアダプター
  3. 電源ケーブル
  4. 保証書

VZ239HRよりも全体的にコンセント周りなどもスッキリまとまり、HDMIケーブルが付く分余計な出費がないところが嬉しいですね。

本体だけ購入すればすぐ使える安心感がモニター初心者にも◎!

2.スピーカー

前述のとおり、VZ249HEG1R-Jではスピーカーが内臓されておりませんのでスピーカー付属にこだわる方は購入を控えた方が良いでしょう。

3.モニターアーム

VZ249HEG1R-JではVESA規格:75×75mm対応のため、モニターアームに取り付け、目線をさらに高くしたり、2画面使用ができます。

小やまね

ますますはかどるね!

4.発売日

2020年12月1日に発売されたVZ249HEG1R-J。

発売間もないですが、amazonでは15レビュー、星4.1と高評価を得ています。

いまいちなレビューをつけている方は内臓スピーカーがないことを記載しているため、スピーカーを求めない方にとってはとても満足度が高い製品だといえるでしょう。

5.価格

価格はamazonで16,180円(2021年2月6日現在)であるため、作業の生産性が今以上に上がることを考えると非常に良い買い物といえます。

私はamazonセール時に購入したので、12,798円でした。

セール時に買ってよりお得を感じるも良し、早めに買って作業効率を上げるも良いでしょう。

6.入力端子

使用可能な入力端子は以下のとおりです。

  • D-Sub
  • HDMI1.4

いずれもない場合は、以下のようなハブを購入し、対応いただくことになります。

結論:外部モニターは捗る。VZ249HEG1R-Jがあるとはかどる

PC一台のみよりも、あると格段に作業がはかどる外部モニター

エクセルやスプレッドシートの見られる範囲も広がり、Webライターの方にもおすすめです。

「どれがいいのかな?」と迷ってしまうかもしれませんが、今回ご紹介したVZ249HEG1R-Jも候補の一つとして非常におすすめなのでぜひご検討くださいね。

あなたの作業環境が快適なものとなりますように。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる